債務整理を用いるメリットは、先ほど挙げたように、まず「債務(負担)が減らせる可能性がある」ということと、「貸し金業者からの催促がなくなる」という点です。実質的負担と、精神的負担を減らすことができるのです。債務を減らせる(可能性がある)手続きは、基本的に個人再生と自己破産のみとなります。

個人再生はもし高価な資産を所持していても手放す必要がありませんが、自己破産は高価な資産を持っていた場合手放さなければならないというデメリットがあります。ただし、個人再生は返済が一部減額できるのに対し、自己破産は全額が免除になります。借金の支払いがどうしても不可能な場合、最終的に自己破産という手続きを取るかたちになるでしょう。

いずれにしても、このように多額の債務を負った人を助ける仕組みができており、実際に多くの人がこれを利用して、新たな人生の一歩を踏み出し始めています。多額の借金を背負ってしまったときは、どんな原因があれ、途方に暮れるものです。どうすべきか分からなくなることもあるでしょう。しかし、自分1人で抱え込むのではなく、弁護士などに相談し、これからどのように抱えた借金を処理していけば良いかなどについて相談することができるでしょう。