そんなこんなで負ってしまった借金の負担を、合法的に減らすことができる、または全く免除することができる方法が、債務整理です。

債務整理には大きく分けて3つの種類があります。
1つめは「任意整理」です。これは何社からも借りている状態になって、月々返済が追いつかない人に特に有効です。弁護士を通して融資会社に掛け合い、少額からの返済を約束します。そして数社に行っていた負債の返済を、1つにまとめることができる、という利点があります。また、債務整理を行った段階で、融資会社からの催促が止まります。現在の法律で違法な利息を取られていた場合、それが戻ってくることもあります。

2つめは、「民事再生」です。こちらは多額の借金を背負っている場合に有用で、借金が減額され、それを毎月少しずつ返済していくことができます。民事再生のメリットとして借金が大幅に減少できるという点がありますが、こちらは任意整理とは異なり官報に掲載されます。また、いわゆる信用情報が「ブラック」登録する期間も長くなります。

最後の3つめは、「自己破産」です。こちらも多額の借金を背負っている人に有用で、背負った借金が0になります。それが最大のメリットです。新たな人生のスタートを切ることができます。ただし、高価な所持品と認められるものは手放さなければならないことがあります。